証券経済学会

証券経済学会

大会のお知らせ

部会のお知らせ

入会案内

証券経済学会年報

証券経済学会賞

事務局からのお知らせ

HOME

証券経済学会年報



機関誌
機関誌として、『証券経済学会年報』を年1回刊行しており、投稿論文(研究論文・研究ノート)、書評から構成される。投稿論文は、特に若手研究者に対して研究発表の機会を与えるとともに、証券経済学会のみならず証券市場の発展に貢献することを期している。
また、これとは別に『証券経済学会年報』別冊として、全国大会、各部会の報告論文(審査は行わない)の受け付けも行っている。報告論文は、報告論文ページおよび大会ページで公開される。


投稿規定
投稿希望の方は、下記の規定に従って御投稿下さい。
(詳しい執筆要領は以下よりダウンロードして下さい。)

1. 証券経済学会機関誌として、『年報』を刊行する。

2. 学会理事会が任命した編集委員をもって構成される編集委員会(学会事務局内)が編集を担当する。

3. 編集委員会は8名をもって構成され、委員の任期は4年とする。ただし委員の交替は2年毎に半数(4名)ずつとする。

4. 研究論文または研究ノートは、学会会員より掲載の応募申込みをうけ、編集委員会の指名した審査委員の審査をへて、掲載が決定される。非学会会員を含む共同論文の場合は、大会・部会で学会会員と共同報告するか、または主執筆者を含め執筆者の半数以上が学会会員でなければならない。なお、審査委員の審査評は、文書として保存される(2年)。
また、報告論文は全国大会および部会大会の報告者を対象に投稿を受け付ける。

5. 原稿は、執筆要領にしたがって執筆する。規定原稿枚数の基準は 200字詰で以下のとおりとする。規定枚数を超過した原稿に対しては圧縮を求める場合がある。
・研究論文 100 枚
・研究ノート     60 枚
・書評 25 枚
・報告論文 100 枚
なお、注記および図表については、これを原稿枚数に換算し、全体として規定枚数内におさまるようにすること。

6. 投稿論文および報告論文は、以下を遵守すること。
(1) 原則として原稿は未発表のものに限る。
(2) 既発表論文を大幅に修正したものの場合は、その論文を同封して投稿し、掲載時には既発表論文を修正した旨を注書きする。
(3) 証券経済学会全国大会で報告した場合、研究論文または研究ノートと報告論文の同時投稿は可能。(ただし、研究論文または研究ノートが掲載可となった場合には、報告論文は掲載しない。また、掲載される投稿論文に大会で報告した旨を注書きする。)
7. 研究論文および研究ノートの投稿者は、1500字程度の要旨を付して投稿すること。

8. 掲載された研究論文、研究ノート、書評の著作権は、証券経済学会に譲渡される。


執筆要綱
・報告論文用フォーマット
 (報告論文を執筆される方は、以下のフォーマットをご利用ください)


送付先
〈研究論文・研究ノート〉
審査論文としてご投稿いただく方は執筆要綱に従って要旨を添えて紙媒体でご送付ください。
〒103-0025   中央区日本橋茅場町1-5-8 東京証券会館3階
日本証券経済研究所気付 証券経済学会
『証券経済学会年報』編集委員会 宛

〈書評・報告論文〉
ページ番号をこちらで編集しますので、PDFではなくWORD形式のままメールにてご投稿ください。
証券経済学会 メールアドレス sess-jimu@jsri.or.jp


年報編集委員
(2015年6月8日現在)
編集委員長: 掛下達郎
編集委員: 漆畑春彦、大坪 稔、岡村秀夫、落合孝彦、黒川洋行、高山晃郎、
吉川哲生、若園智明


年報目録
年報(年報目録)を購読希望される方は学会事務局までお申し込みください。

最新号の購入申込みはこちら


年報別冊目録
年報別冊目録は、こちらからご覧になれます。